Cosblog

和歌山を中心に撮影した写真を掲載 被写体の方以外画像転載不可

コスプレカメコのやり方(関西版初心者向き)

新しく始めようという人向けと自分の備忘録を兼ねてコスプレカメコのやり方をまとめました。

関西で活動しているので関西でのやりかたです。

完全に自己流なので、ここ違う!とかもあるかもしれないです。

 

【撮影道具】
カメラ、カメラバッグ、レフ板、ストロボ、名刺、折りたたみの踏み台

・カメラ
カメラは一眼レフカメラと30mm-85mm程度の明るい単焦点か17-50mmか24-70mm程度の明るいズームレンズがあれば撮影しやすいです。屋外の場所が広く取れる会場では70-200mm程度の望遠も良いと思います。

勝手がわからないうちは24-70mmF2.8ズームレンズをつけておくとオールマイティに撮れて良いのではないでしょうか。レンズは高いので中古でもよいと思います。

中古新品に限らず一眼レフカメラはピントが微妙に合わないという事がよくあるのでカメラとレンズを買ったら一度メーカーのサービスセンターに持ち込んでピント調節する事をお勧めします、キヤノンの場合ですと1000円程度です。

カメラは今時のカメラであれば何でも良いと思いますが、一度買うと規格が違うため買い換えにくいので新しく買うのであれば普及台数が多いキヤノンニコンを買っておけば後々レンズなども多く勝手が良いと思います。

・カメラバッグ

 カメラバッグはナイロンや布のソフトの四角いショルダータイプが扱いやすくてよいと思います。ハードタイプ特に角が尖ったアルミの箱タイプはぶつけると危ないのでやめたほうがいいです、大は小を兼ねるので一つだけ買うのであればある程度大きい容量で言うと10l以上程度のものを買っておくと良いと思います。

・レフ板

持込物に100cm以下の規制がある会場があるのでレフ板は100cmまでのものを買うと使い勝手が良いです。Amazonなどで2000円程度で売ってます。
会場によってはレフ板禁止の場所もあるので参加イベントの規約を見て持ち物を決めます。禁止でない場所ではレフ板は持って行ったほうが良いです。

・ストロボ

ストロボは首振り、ハイスピードシンクロができる機種であれば何でもよいかと思います、高位機種のほうが光量チャージ時間連射回数などの違いで便利は便利です。

ストロボを直接カメラにつけて直射するのは綺麗に撮るのが結構難しく私はレフ板が使える場所ではストロボはほとんど使いません。

ストロボディフューザーという光を多少やわらかくするものがあるのでそれを使います、ディフューザープラスチックはめ込みタイプより小さいシャワーキャップのようなタイプかソフトボックスのタイプのほうが多少ましな気がします。

 

・名刺
名刺は自分の撮影活動用の名前、アーカイブの番号、キュアの番号、Twitterのアドレス、メールアドレスなどを書いておきます。

 

・折りたたみの踏み台

折りたたみの踏み台は セノピーとかセノビーで検索すると出てきます、1500円程度です。角度をつけたいときに自分が上に乗って撮影したり、足元を切るためにレイヤーさんに乗ってもらうことも出来ますし 使い勝手が良いです。

 

【コスプレイベント】

コスプレイベントはコスプレイヤーズアーカイブのイベントリストに載っています。
ATCWTC、旧二葉小学校、名村造船所跡(BLACK CHAMBER)などが主な会場でだいたい毎週土日なにかしらやっていますので、リストの中から人が多いものに行けばよいです。

アーカイブのイベントリストからイベント主催団体のHPに飛べますのでそこで会場のアクセスや会場規約、受付の場所に目を通しておきます。
参加費は2000円前後が多いです、中には無料のイベントもあります。
時期があえばコミックトレジャー日本橋ストリートフェスタは被写体も撮影者も多くお勧めです。
コミックトレジャーは8月と12月、ストフェスは3月にあります。

 

【撮影】
イベントに行くと受付をすませます。

入場時間ですが開場直後は着替えをしていてあまり人が居ないので開場してから30分-1時間後くらいに行くと効率が良いですが、人が少ないと場所を広く使えるのでそれ狙いで行く場合は開場直後に行くと良いです。

受付の場所はわかりにくい事もあるので前もって主催団体のHPで見ておきます。受付に行くと撮影許可証とか参加証とかいう名前のストラップをつけた紙やステッカーがもらえるのでそれを目に見える場所に持てば撮影をはじめられます。

受付で当日の注意事項や撮影可能範囲などが書かれた紙がもらえることがあるのでそのときは読んでおきましょう。注意事項はだいたい同じようなことがかいてありますが、撮影場所は開場が同じでもイベント主催によってまちまちだったりするので毎回目を通しましょう。

撮影場所をチェックしたら会場に出てコスプレをしている人に「写真を撮影させていただいてもよろしいですか?」と聞けばだいたい撮影させてもらえると思います。

断られる場合はそんなには無いですが、断られたら対応してもらったことに礼を言って次に行きます、あー、えーっと、とかフリーズして困ったような感じの時もすぐ切り上げて対応してもらったことに礼を言って次に行きます。

撮影OKの場合、撮影前に、よろしくお願いします、撮影後にありがとうございましたの挨拶をします。

関西では基本トレジャーとストフェス以外では並びや囲みはほとんどなく一対一や被写体複数に撮影一人で撮影します。

撮影は人それぞれだと思いますが、あまり時間をとると相手にも周りにも迷惑なので数枚~10枚くらい、時間2分くらい、挨拶を含めて合計3分以内くらいの目安で撮影します。

被写体が2人の場合、合わせ写真3枚ピン写真3枚×2(全身とバストアップ)くらいで合わせとピンを撮影します
先に合わせを撮影してからピンの撮影各数枚お願いします、と前もって言っておきます。

撮影が終わった後に名刺お渡ししても良いですか?と聞いて名刺を渡します。

ブログやSNSに写真を載せる場合はこの時にWEB掲載の許可を取ります。

だいたいOKしてもらえることが多いですがWEB掲載不可の人もいるのでその場合はWEB掲載はしないようにします。

イベント終了直前になると更衣時間などの都合でばたばたするのでイベント終了30分前くらいで切り上げるといいと思います。

 

 【イベント後】

名刺交換した人、イベント後に連絡をくれた人に撮影した写真を送ります。
特に希望サイズが無ければ長辺を1600-2400ピクセル程度にリサイズして圧縮、FIRESTORAGEやGIGAFILE便にアップロードして撮影のお礼と一緒にアーカイブのメッセージやメールなどでアドレスを送ります。

 

・これで終了です。

自分のやりかたなので人によっては違うと思いますが参考になれば幸いです。

(201506多少追記しました)

広告を非表示にする